デビットカードでも使える?

ビットコインはFX同様の投資、ショッピングなどに活用されます。主にウォレットを使用して、お金の支払いをしていきます。しかし、デビットカードにビットコインを入金したら使用することができます。
ビットコインに対応している店舗であれば、世界でどこでも使用できます。国外に住む家族にお金を送金したいときや物を購入したいときにビットコインのまま決済できます。その現地の通貨でお金をおろすことができるため、手数料などがかからなくてすみます。ビットコインは対応しているデビットカードでも購入できる場合もあります。そのため、お金を決済するための情報の登録なども必要になります。もちろん、情報の登録が不要なカードもありますが、そうした場合使える店や場所での制限があります。
また、ビットコインに対応しているデビットカードを持てば、世界中のどこでも使えるというわけではありません。サーバー等の関係で特定の地域で使えないデビットカードもあります。
ビットコイン対応デビットカードにも様々な特徴があり、メリットがあればデメリットもあります。そのため、ビットコインが使えるデビットカードということだけにとらわれず、どういった場所で使えるのか、どのような特色があるのかといったカードの情報をしっかりと調べておきましょう。

ビットコインとデビットカード

ビットコインでWirexを利用する

Wirexカードはビットコインに対応しているデビットカードです。特定のクレジット会社が使用できるところであれば、どこでもビットコインが利用できます。
カードはオンラインで申し込みができます。申し込める地域に制限はなく、世界中どこでも発送されます。必要事項を入力して半月ほどで手元に届きます。カードが手元に届けば、アクティブ化を行いましょう。そして、PINコードが届きます。そして、実際にWirexを使用することができます。送金や購入、決済などの日常生活において実際に使用できるでしょう。
また、Wirexはデスクトップ上でも作業を行えますが、アプリでも作業ができます。そのカードとアプリがリアルタイムで連携しています。カードとアプリの内容が互いに反映されやすいので、入金後にすぐにお金を使うことができます。
このWIrexのデビットカードを持てば誰でもビットコインを所持できるようになります。ただ、クレジット機能がついているため、情報の登録が必要となってます。
ただ、使い方によっては手数料がかかる場合もあります。様々な手数料が明確にされているため、あらかじめ必要な手数料を確認しておくと、いざというとき混乱がなくスムーズに使えるでしょう。