仕組みとマイニングの関係について

ビットコインの仕組みとマイニングの関係

ビットコインは利便性の高さで国際決済がすぐに終了できることにメリットを感じる人が使っています。ビットコインを利用する場合①地域通貨として使う②投資目的で使うの2パターンあり、それによって価値も大きく変わってきます。初期の段階でこのコインを購入した人が購入者に合わせて設けることが出来、後から購入した人は手数料が低いという使い勝手の良さが相互メリットになっています。
こうした仮想通貨はハイリスクハイリターンのある種デメリットもあります。それは裏取引やハッカーによる犯罪や政府の規制によって暴落するかも知れないことです。ベンチャー企業の株式と同じように一般商品の株式為替も需要と供給にのっとって価格が変動するのと似た感じです。
ビットコインを得るために膨大な計算をして回答を求める作業のことを「採掘」といいます。つまりマイニングのことですが、ゼロからビットコインを生み出すことから儲けにつながります。採掘には、無料で配布される「発掘プログラム」をコンピューターにインストールして起動させます。コンピューターが一度作業すると発見するまで自動計算を続けます。
今では1ビットコインが10万円近くの価値があり、回を重ねるごとに参入者が増えたことでそう簡単には発掘できないようになりました。

採掘者と通貨のやりとりの信頼性とは

採掘者と通貨のやりとり

ビットコインの利用者は採掘者と呼ばれ自身のコンピューターを利用する一般出金です。金融機関が保有したり現金としてやり取りされる通常の通貨に比べると、この通貨は法執行機関に押収されにくい仕組みになっています。しかもすべて疑似匿名ですが純粋な匿名性もまた併せ持っています。
何よりも手形交換所がないので決済記録を見たくても見ることができません。決済記録の義務が法律で定められていないため記録を一つの帳簿にする義務がないのです。これは具体的な期間で定められている記録保管義務が存在しないことになりますが、ブロックチェーンが法の抜け穴になっていることを意味します。
ブロックチェーンは分散型台帳技術とも言われ分散型ネットワークを意味し、その概念には以下のとおりです。①管理者を置き取引履歴も非公開の形で運用できる②採掘者や暗号通貨、トークンは設計次第なので必ずしも必要ない。③企業などで運用されている既存の決済やポイントサービスなどのシステムを記録が非公開で運用されているブロックチェーンのシステムに代替する、などです。
これは日本ブロックチェーン協会独自の技術が定義されている内容で、運用コストの削減が可能になることで手数料などが抑えられると期待されています。また、注意したい点として利用者に対して価値の保障が約束されていないことや、課税の逃げ道になるあるいはマネーロンダリングに利用されやすいこともあります。