マイニングをして得られる報酬とは何か

ビットコインで得られる報酬

世の中はインターネットを中心に動いていますが、やはりそれはインターネットが画期的だからでしょう。
様々な便利なものが開発されましたが、その一つは仮想通貨というものになります。仮想通貨はインターネット上のお金のことで、実際に形があるわけではありませんが、ネット上で商品を購入したり、実際にお店で商品を購入することやサービスの提供を受けることが可能になります。
仮想通貨は様々な種類がありますが、その中の一つはビットコインになります。ビットコインの特徴といえるのは「マイニング」と呼ばれるものです。
マイニングというのは、日本語にすると採掘を意味します。

つまり、ビットコインを手に入れるための方法の一つとしてマイニングをすることが大事になるのです。マイニングをする場面は、他人の間での取引に使われたビットコインが本物かどうかを判断します。
この時に特殊な暗号がありますので、それを専用のコンピューターで解読しなければなりません。
ブロックを崩して解読に成功したら、報酬としてビットコインを手に入れることができるということです。

なぜ第三者の取引を解読してブロックを崩さなければならないか

暗号を解きその取引きを解読

このように、ビットコインを手に入れるためには、第3者の取引きが本物であるかどうかの暗号を解かなければなりません。そもそもなぜ第3者の取引きの暗号を解く必要があるのでしょうか。
例えば、日本円を利用する場合は、わざわざ第3者が出てきて本物かどうかの確認をしません。例えばコンビニでパンを買う場合にレジでお金を支払った時は、おもむろに第3者が出てきて「このお金は本物です」などと言ったりしません。
日本円とビットコインの違いは同じ通貨であっても、発行元が違うからです。日本円は日本銀行が中央銀行として発行しています。当然日本銀行で発行するお金は本物に決まっています。わざわざ第3者が、日本銀行で発行したお金は本物かどうかを確かめる必要もないのです。これに対してビットコインの場合は、発行元はいません。そのため第3者的立場の人がいなければ、そのコインが本物かどうかを判断するのが困難になります。そこで他人の取引きを自分がマイニングして、暗号を解きその取引きが本当かどうかを解読します。これによって報酬を得ることができるのです。